リハビリテーションについて

リハビリテーションについて
ホーム > リハビリテーションについて > リハビリテーションとは

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは

活動障害を解決するための治療

リハビリテーションは、日常生活活動の向上、寝たきりの防止、社会・家庭復帰を支援します。
人間の日常生活活動は、大きく「移動すること」「作業(操作)すること」 「コミュニケーションすること」の3つに分けることができます。
リハビリテーションは、これらに関係する活動障害を解決するための治療です。

リハビリテーションとは

チームスタッフ

医師(Dr) 様々な職種が1人1人の患者さまに関わり、チームとして退院後の生活のためにアプローチいたします。 しかし一番大切なのは、ご本人の参加・努力とご家族のサポートです。

チームスタッフ
看護師(Ns)
理学療法士(PT)
作業療法士(OT)
言語聴覚士(ST)
臨床心理士(CP)
医療ソーシャルワーカー(MSW)

リハビリテーションプロセス

入院時期 (入院してから一週間程度)

  • ・ADL自立・拡大へ向けての評価、訓練開始(食事、排泄、更衣、整容、起居動作、移動)
  • ・リハビリを行う環境 体制に慣れていただく
  • ・精神的支援(障害受容、インフォームドコンセント)
  • ・自主トレーニングの指導

中間時期 (1~3ヶ月程)

  • ・ADL改善状況の評価、継続した訓練
  • ・自宅環境の調査、家屋改造の提案
  • ・外泊訓練
  • ・ご家族への支援(介助方法の習得)
  • ・精神的支援(障害受容、インフォームドコンセント)

退院時期(2ヶ月~退院まで)

  • ・退院後の生活を想定した訓練
  • ・福祉用具の紹介
  • ・介護保険の申請・認定の確認
  • ・ご家族への支援
  • ・継続したリハビリの支援(自主トレプログラムの指導、通院、訪問リハビリ)

訓練の進行状況、目標設定は、定期的に患者さま、ご家族さまへ説明いたします。

リハビリテーションプロセス

脳卒中のリハビリ

脳卒中には、手足が動きにくくなるとか言葉がうまく話せなくなる症状があり、これを「まひ」といいます。 麻痺(まひ)は脳の障害部位とは反対側の手や足に見られることが多く、その程度は、手足の運動を司る神経が、脳卒中によってどれだけダメージを受けたかにより異なります。

リハビリでは「まひに対する訓練」と「残った能力を開発する訓練」を同時に行います。 リハビリ治療により、生き生きとした生活を送れるように援助します。


整形外科疾患のリハビリ

四肢の骨折の中で、大腿骨頸部骨折は高齢者に多く見られ「寝たきり」の原因となる可能性が高い骨折です。 早期に離床をすすめ、肺炎、じょくそう、内蔵機能の低下、精神機能の低下などの症状を予防しなければなりません。 回復期リハビリでは、専門スタッフが集中的に治療を行い早期に自宅復帰できるように援助します。

また、人工膝関節・股関節手術後は、計画的に関節可動域の獲得、筋力増強、荷重訓練といった治療が必要になります。 自宅退院後、順調に社会復帰できるように援助します。

訓練内容

関節可動域訓練

手術後関節が動く範囲は限られています。リハビリでは徐々に関節が動く範囲が広がるように治療します。 痛みが生じないように細心の注意を払って行います。


歩行訓練

骨折や人工関節手術後は、徐々に体重をかけながら歩く練習をする必要があります。 急激に関節に負担がかからないように手すりや杖を使用した歩行訓練を行います。


筋力増強訓練

手術や、術後の安静で生じた筋力低下に対し、患者さまの身体状況に合わせて適切な動きと負荷量により、 より安定した運動ができるようにそれぞれ必要なプログラムを考案し、実施します。


家庭復帰に向けた訓練

屋外環境や家庭で家事動作訓練も個々に合わせて取り入れます。 必要な患者さまには私たちがご自宅へ訪問し、退院後に患者さまが快適な生活が送れるように、 住環境整備のご提案をさせていただきます。


起居動作訓練

寝返りや起きあがり、車椅子への乗り移り動作では、姿勢に注意が必要です。 リハビリでは患者さまが安心して生活できるように正しい姿勢・動作を事前に指導し、 安定した動作獲得に向けて訓練します。


まひの回復を促す訓練

手足のまひの回復を促すためにさまざまな手段を用いて運動機能の再学習を行います。 神経・生理学的理論に基づいた治療を展開します。


装具、車椅子、杖の適応訓練

必要に応じて装具、杖、車椅子などの適応を検討し、使用方法の指導も行います。

家族教室

  • ・治療の説明(PT,OT,ST,CP,MSW,薬剤師)
  • ・三九朗リハビリの特徴 『B-system、チーム医療、6日間リハ』
  • ・病棟でのすごし方(生活の流れ、看護師の関わりなど)

日時 毎月第2・4土曜日
17:00~(おおよそ40分)
会場 仮設会議室(4月からは新棟会議室)
形式 スライドで実施 「家族教室のしおり」を配布
担当者 当番制で毎回 2名

リハビリスタッフおよび回復期リハ病棟スタッフが持ち回りで行います。

家屋評価

・訪問家屋評価の実施について

家屋状況の確認、住宅改修・福祉用具の使用の検討、動作のシュミレーション目的

・訪問家屋評価実施時期について

移動が屋内監視歩行レベル、屋外が一部 介助歩行レベルになったら

・訪問家屋評価同行メンバー

患者、家族、MSW、PT、OT、必要に応じて(住改・福祉用具業者)

・訪問家屋評価で行なうこと

動作の確認

手すり設置位置の確認

家族への介助指導

・事前に確認する事項

玄関、浴室に関する評価

・外泊訓練

家屋評価終了後、外泊訓練実施

外泊時チェックシート発生


家屋改修


家屋改修