リハビリテーション部

  • TOP
  • リハビリテーション部

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは

障害があっても「その人らしく」人生を送るための治療・訓練

リハビリテーション(rehabilitation)の語源は、ラテン語で「re(再び・戻す)」+
「habilis(適した・ふさわしい)」+「ation(にすること)」で、「再び適した状態
にすること」を意味しています。つまり、単なる機能回復だけでなく、「人間らしく
生きる権利の回復」や「自分らしく生きること」が重要で、そのために行われる全て
の活動がリハビリテーションと呼ばれます。
リハビリテーションには、理学療法・作業療法・言語聴覚療法があります。理学療法
では主に「移動する」ための訓練を、作業療法は、「生活(作業)する」ための訓練
を、言語聴覚療法は、「コミュニケーションや食べる」ための訓練を行います。

チームスタッフ

チームスタッフ

様々な職種が1人1人の患者様に関わり、チームとして退院後の生活のために
アプローチいたします。しかし一番大切なのは、ご本人の参加・努力とご家族
のサポートです。

医師(Dr)
看護師(Ns)
理学療法士(PT)
作業療法士(OT)
言語聴覚士(ST)
臨床心理士(CP)
医療ソーシャルワーカー(MSW)

研修施設認定・認定資格

研修施設認定・認定資格

研修施設認定
日本リハビリテーション医学会研修施設

リハビリテーション科専門医になるための研修を行う施設として、公益社団法人日本リハビリテーション医学会より認定されています。超高齢化が進む日本の中で、病気やケガなどによる障害の機能回復や社会復帰をサポートするリハビリテーションは、とても重要な役割を担っています。その高い知識を持つ専門医として、リハビリテーション科専門医がいますが、社会のニーズに反して、必要数が不足しているのが現状です。当院で優秀な専門医を育成し、リハビリテーション医学の発展に貢献していきたいと考えています。

認定資格
専門理学療法士(運動器)1名
認定理学療法士(脳卒中)1名
認定理学療法士(呼吸) 1名
認定作業療法士      1名

リハビリテーションを支える理学療法士や作業療法士。その中には、国家資格取得後も、高齢化などの社会的変化に対応し、患者さま個々のニーズにこたえられるよう、さらに専門的な領域を学び、「認定・専門理学療法士」や「認定・専門作業療法士」という上位資格を取得した人たちがいます。当院にもこれらの資格を取得したスタッフが働いています。

リハビリテーションプロセス

入院時期 (入院してから1週間程度)

・入院初日にリハビリテーションのオリエンテーションと体の状態を評価させて頂きます。
・2日目より、担当療法士による評価と訓練が始まります。(障害の改善だけでなく、日常生活動作の自立・拡大に向けての第一歩です)
 必要に応じ、臨床心理士による精神サポートを行います。(障害の受容やご家族のメンタルサポートなど)
・自主トレーニング指導も随時行います。

中間時期 (1ヶ月~退院まで)

・障害の程度や日常生活動作の改善状況の評価と継続して訓練を行います。
・介護保険を利用される場合は、申請や認定の手続きを行います。
・必要に応じ、自宅環境の調査(家屋訪問)ならびに家屋改修の提案を行います。
・外泊に向けた外出訓練なども行います。
・介助が必要な場合はご家族に介助方法などの練習を行います。

退院時期(退院前)

・退院後の生活を想定した訓練を行います。
・必要に応じ、福祉用具の紹介を行います。
・継続したリハビリ支援の手続きを行います。(通院による外来リハビリ・訪問リハビリ・通所リハビリ・リハビリデイサービスなど)
※毎月1回チームカンファレンスを行い、訓練の進行状況などを確認しています。カンファレンスの結果や目標などは、定期的に患者様、
 ご家族様へ説明させて頂いています。(リハビリテーション総合実施計画書・目標設定等支援・管理シート)

疾患別リハビリテーション

脳卒中のリハビリ

脳卒中には、手足が動きにくくなる「麻痺(まひ)」と呼ばれる症状や、言葉をうまく聞いたり話せなくなる「失語症(しつごしょう)
・構音(こうおん)障害」、記憶力の低下や、注意がそれやすくなった、段取り良くできなくなる(遂行機能)などの「高次脳機能(こ
うじのうきのう)障害」と呼ばれる症状が出現します。これらの症状は脳卒中により脳の神経がダメージをどのくらい受けたかにより異
なります。その人の障害に合わせて、日常機能の改善やご自宅へ帰ることを目指します。

大腿骨頸部骨折のリハビリ

大腿骨頸部骨折は、高齢者に多くみられ、「寝たきり」や移動能力の低下を引き起こす可能性があります。加えて、早期に離床をすすめ、
肺炎、褥瘡(床ずれ)、内蔵機能の低下や精神機能の低下を予防しなければなりません。リハビリでは、早期から集中的に訓練を行い、
関節可動域の訓練、筋力増強訓練などを行い、移動手段の獲得を目指します。

廃用のリハビリ

廃用(はいよう)症候群は、手術後の臥床や肺炎などにより、全身の機能が低下した状態になります。リハビリでは、患者様の状態に
合わせ訓練量を調整し、全身の機能の向上を目指します。

心臓リハビリ

心臓リハビリテーションは、虚血性心疾患や慢性心不全などの心臓の病気をお持ちで、運動することに不安のある方・どの程度運動を
行っていいのかわからない方・仕事復帰や趣味活動を再開したい方・体力に自信のない方・一人では生活習慣の改善に自信のない方に
お勧めです。訓練の効果として、心肺機能の改善により体力が付き、再発のリスクを減らすことが出来ると言われています。

歩行訓練

骨折や人工関節手術後は、徐々に体重をかけながら歩く練習をする必要があります。急激に関節に負担がかからないように手すりや杖
を使用した歩行訓練を行います。リハビリでは、これらの症状(障害)に対する訓練と、残されている能力を最大限に引き出し、1人1
人の人生に合った生活機能を獲得し、より良い生活を送るよう支援します。

訓練について

医学的リハビリテーション(関節可動域訓練・筋力増強訓練・麻痺促通訓練など)

病気により、関節が硬くなった、麻痺が出現したなど、個々の身体機能や心理的能力に対し、機能を伸ばすことを目的に行います。
食事、更衣、トイレ動作や歩行訓練などの日常生活動作の訓練も行います 必要に応じて、装具や杖、車椅子などの適応を検討して行き
ます。

家庭・社会復帰を目的としたリハビリテーション

屋外環境や家庭での家事動作訓練(調理、洗濯など)も個々に取り入れて行います。 必要な患者様には、ご自宅へ訪問し快適な生活が
送れるよう住宅環境のご提案もさせて頂きます。患者様の様態によっては、社会復帰(仕事や学業など)に向けての訓練や援助も行っ
ています。

家屋評価

・訪問家屋評価の実施について
 家屋状況の確認、住宅改修・福祉用具の使用の検討、動作のシュミレーション目的
・訪問家屋評価実施時期について
 移動が屋内監視歩行レベル、屋外が一部介助歩行レベルになったら、退院時の移動能力に目処がついたら
・訪問家屋評価メンバー
 患者、家族、MSW、PT、OT、必要に応じて(住宅改修・福祉用具業者)
・訪問家屋評価で行なうこと
 動作の確認
・手すり設置位置の確認
 家族への介助指導
・事前に確認する事項
 玄関、浴室の情報
・外泊訓練
 家屋評価終了後、外泊訓練実施
 外泊時チェックシート発生

家屋改修

家屋改修

家族教室

家族教室のしおりのPDFデータをダウンロードすることができます。

←クリックするとPDFファイル(1.0MB)が開きます。