内視鏡検査

ホーム > 内視鏡検査 > 当院で行っている内視鏡検査

当院で行っている内視鏡検査

三九朗病院では「胃内視鏡検査」(経鼻および経口)と「大腸内視鏡検査」を行なっています。

鼻から入れる胃カメラ『経鼻内視鏡』

胃カメラは、早期の胃がん発見に有効な検査ですが、痛い・苦しいというイメージがありませんか?
経鼻内視鏡は、痛みが少なく、苦しくない検査です。


『経鼻内視鏡のメリット』

■楽にできる
舌の付け根に触れないので、ほとんど吐き気や不快感を感じません。
■会話ができる
検査中も会話ができるので、質問したい時や気分の悪い 時にすぐに伝えることができます。
■体への負担が少ない
麻酔は鼻に少量するだけなので、体への負担が少なく、 検査後、すぐに帰宅ができます。


※注意点
◆治療はできません
異常があった場合に組織を採取することはできますが、病状によっては、口からの胃カメラを再度受けることになる場合があります。
◆検査が困難な場合があります
鼻腔が狭い方は、カメラを挿入するのが困難な場合があります。

経鼻内視鏡

『患者様の感想』

Aさんの感想
以前、口からの胃カメラを受けましたが、どうしても不快感があり、検査が必要と分かっていてもつい足が遠のいていました。今回初めて鼻からの内視鏡を受けて、これなら検査が怖くないと思いました。

Bさんの感想
会社の健診でポリープが見つかって以来、毎年の検査が苦痛でした。鼻から入れるカメラが痛くないと聞いて、受けてみることにしました。違和感はありましたが、検査中に質問することもできて、安心して検査を受けることができました。

『経口内視鏡』

口から細長いカメラを挿入し、胃の内視鏡検査を行います。

大腸内視鏡検査

細長いカメラを挿入し、大腸の内視鏡検査を行います。

入院されている方へお見舞いメールを送る
病院案内
入院依頼票